3341313_s

オーガニックって「なんとなく身体に良さそう」とか、「オシャレっぽいイメージがある」なんて理由だけで選んでいる人に、時々出会います。
もちろんオーガニックに興味を持つきっかけとしては何も間違っていませんし、むしろオーガニック愛好者としては大歓迎です!
ただ、せっかくオーガニックに興味を持ったなら、もう少し踏み込んでもらいたいというのが本音です。
と言うのも、オーガニックの本当の良さと必要性を、知ってもらいたいからです。

そもそも”オーガニック”ってなに?

オーガニックとは、「有機の」という意味があり、通常、農薬や化学肥料を使用しないで栽培した野菜や、添加物を加えていない食料品・化粧品などを指す言葉です。

農薬や化学肥料、添加物などを使用する場合、安全とその有効性が認められたものだけを使用するように、法律で定められています。言い換えると、食べたり使用しても安全と認められれば、ごく自然に使われているわけです。
ですから、みなさんが普段身近なスーパーなどで手にとっている食品の多くに、それらは使われています。
特に気にもとめなければ、知らないうちに口にしているはずです。

安全なら別にオーガニックじゃなくても良いのでは?と考える人もいると思います。確かにそうかもしれません。
それならどうしてわざわざオーガニックを目指す人がいて、それを支持する人がいるのでしょう。
はっきり言って、オーガニックではない物を作る方が簡単ですし、コストがかかりません。
反対に、オーガニックの商品を目指すと、どうしても手間暇がかかります。コストが上がる分、価格も高いものが多くなります。
それでもオーガニックを選んで欲しい理由があるから、生産者も愛好者も増えているのです。

オーガニックの証、有機JASマークとは?

 

2298247_s

 

日本ではオーガニックと表示するためには、「有機JASマーク」が必要です。この認証を得るためには、厳しい基準が設けられています。
農作物であれば、「堆肥などで土作りを行っていること」や、「環境への負荷をできる限り低減した生産方法であること」、「種まき、または植え付けの前2年(多年生の場合は3年)以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと」、「遺伝子組換え技術を使用していないこと」などです。
農薬や化学肥料を使わないことは、土や水の汚染を防ぎ、自然の動植物を守ることにも繋がります。
また、農薬を使い続ける生産者への悪影響も防ぐことが出来ます。特に発展途上国では、小さな子供たちが農薬の悪影響を受けているケースが後をたちません。
微量な残留農薬や添加物が、アレルギーの原因とされる説もあります。オーガニックを選べば、そのような無駄な心配もしなくて済みますよね。
つまり、オーガニックを選べば自分だけでなく、環境や生産者の方も守ることが出来るのです。

オーガニックはただ身体に良いだけではありません。
オーガニック商品には、1つ1つを作り上げている生産者の、環境やみんなの健康を守りたいという想いがギュッとつまっています。
だからオーガニックは、心にも地球にも優しい選択肢であるということも、覚えておいてくださいね。

お勧めはフルーツルーツのグラノーラ!

フルーツルーツの「酵母ノーラ」は、国産フルーツをふんだんに使い、オーガニック原料を主としたグラノーラ。小さな工房で実際にパティシエが作っている、こだわりの商品です。ヘルシーで栄養価も高く、ダイエットにも最適です!牛乳やヨーグルトと混ぜて食べる方法がオススメ。出勤前の時間が無い時・小腹がすいた時には、特にオススメです。是非、お試しください!

WS000001

酵母ノーラの詳細はこちらから↓
https://www.fruitsroots.com/coubonola/