2186351_s (1)

最近オーガニックコスメの種類が豊富になり、目にすることが多くなりました。
そんな中、わたしも先日、あるお店でわりと安価なオーガニックコスメを見つけてチェックしてみたのです。
でもよく見たら、天然成分はほとんど入っていませんでした。
驚くかもしれませんが、実はこういうケースは、そんなに珍しいことではないのです。

日本ではオーガニックの基準はない?

残念ながら日本では、「オーガニックコスメ」と表記するにあたり、明確な基準が設けられていません。
ですから、極端なことを言えば、オーガニック成分が1つ配合されていれば、オーガニックと表記でき、違法にもなりません。
さらに悪いことに、化学合成物質が多く含まれていても、オーガニック成分が少しでも入っていたら、オーガニックと表記出来てしまっているのが現状です。
もちろん、日本では定義が曖昧ですが、本来のオーガニックコスメは、無農薬栽培、または有機栽培された植物からできた成分が、主原料であるコスメであるべきです。
それを知らずに「オーガニック」の言葉だけを見て購入してしまっていたとしたら、そんな悲しいことってありませんよね。

では、「オーガニック」の表記だけに惑わされずに、きちんとした「オーガニックコスメ」を選ぶためには、どうしたら良いのでしょう。

1つは、オーガニック認証団体のマークを参考にする方法です。フランスの「エコサート(ECOCERT)」やオーストラリアの「ACO」、ドイツの「BDIH」などが有名です。ただし、認証を取得しているからといって、100%天然成分、または天然由来成分配当とは限らないというところが、また難しいところではありますが。。。また、日本でも、日本オーガニックコスメ協会の推奨品マークやリアルオーガニックナチュラルマークなど、オーガニック認証団体が増えつつあり、今後の活動が期待されています。

日本のオーガニック化粧品

 

3147749_s

 

それと比例するように、日本製オーガニック化粧品も充実しつつあります。
オーガニックが広まりつつある現状では、冒頭に紹介した”えせ”オーガニックコスメが出回っているだけでなく、自信を持ってオーガニックと言えるコスメブランドも登場しています。
みなさんが本当のオーガニックコスメを求め続けていれば、オーガニックがベーシックとなる時代がくるからです。
そうなれば、オーガニックコスメと表記されたコスメ全部が信頼出来るようになる日も来るのではないでしょうか。
その日がそう遠くないことを願ってなりません。

フルーツルーツのオーガニックコスメは高品質!

日本製オーガニックコスメであるフルーツルーツでは、5段階のオーガニックレベルを提唱し、みなさまに安心をお届けしています。
レベル1は無添加化粧品、レベル2は無添加低刺激化粧品、レベル3は自然化粧品、レベル4はボタニカル化粧品、レベル5はリアルオーガニック化粧品となっています。
例えば肌に潤いを与える役割の化粧水であれば、オーガニックレベルは4または5です。
化学合成物質に頼らない分、たっぷりのフルーツや植物のチカラを借りて、作られています。
5フルーツラインの「ジューシースパドロップス」は、なんと14種類の天然保湿成分をふんだんに配合しています。こちらはレベル5の、天然由来成分100%です。

もちろんフルーツルーツのコスメはどれも、無農薬栽培原料を使用し、合成着色料や合成香料は一切使わない「オーガニックコスメ」です。フルーツルーツの製品は90%以上が天然由来成分100%ですし、残りの10%の製品も、近い将来天然由来成分100%になる予定です。

ジューシースパドロップ

ジューシースパドロップの商品詳細はこちら↓
https://www.fruitsroots.com/cosmetic/fivefruits/spadrops/