3495811_s
紫外線と聞くだけで、身構えるほど警戒してしまう人はいませんか?
かく言うわたしも、紫外線=シミ・シワ・老化!の文字が浮かんで、嫌な気持ちになってしまいます。
今回は紫外線の正しい対策を覚えて、そんな気持ちを吹き飛ばしましょう!

◆紫外線について知っていますか?

まずは、紫外線について説明します。
紫外線は太陽光線の一種です。普段は紫外線とひとまとめに言っていますが、実は紫外線には3種類あります。

紫外線は波長の長さによって分けられ、それぞれ「UV-A」と「UV-B」「UV-C」と呼ばれています。
「UV-A」は、生活紫外線とも呼ばれ、雲や窓ガラス越しでも到達してしまいます。シミやシワ、たるみの原因になると言われています。
「UV-B」は、レジャー紫外線とも呼ばれ、主に屋外での日焼けの原因となるものです。シミやそばかす、乾燥の原因となります。
「UV-C」は、オゾン層などが防いでくれるため、わたしたちの元までは届いていません。しかし、地球温暖化が進み、オゾン層が薄くなることで、今後変わっていく可能性は大いにあるでしょう。

◆日焼け止めは紫外線をどうやって防ぐの?

1204240_s
わたしたちの元に到達している「UV-A」と「UV-B」の影響を防ぐために使うのが、日焼け止めです。
日焼け止めに使われる成分は、大きく分けて2つあります。
1つは「紫外線吸収剤」です。吸収剤は紫外線が到達した際に紫外線を一度吸収し、化学反応を起こして熱エネルギーを放出することで、肌を守ります。吸収剤には有機化合物が使われていることが多く、肌が弱い人は荒れてしまうこともあります。
もう1つは「紫外線散乱剤」です。散乱剤は酸化亜鉛や酸化チタンなどの金属の粉で、肌の上に膜を作ります。その膜に紫外線があたると、散乱・反射するので、肌を守れるのです。
吸収剤と比べて肌への負担は少なく、オーガニックの日焼け止めによく使用されています。

日焼け止めには、この2種類を使ったものや、どちらか片方だけを使ったものがあります。

塗れば紫外線を防いでくれる日焼け止めですが、使う際にはいくつか注意点があります。
まずは、「ムラなく塗ること」です。指先だけで塗っていくとムラになりやすいので、手のひらを使って伸ばすようにしてください。
それから、「たっぷり塗ること」も大切です。量が少ないと、せっかくの効果が薄れてしまいます。
意外と知られていないのが、「家を出る15分前までには塗っておくこと」です。もちろん、直前に塗っても効果はあります。ただ、肌に馴染むまでに少し時間がかかりますので、できれば15分までには塗っておくのがお勧めです。
「2〜3時間ごとに塗り直すこと」も忘れてはいけません。汗をかいた時だけでなく、時間が経つだけで、日焼け止めの効果は薄れます。こまめに塗り直してこそ、正しい紫外線対策と言えるでしょう。

◆どんな日焼け止めを選べばいい?

紫外線を防いでくれるなら、どんな日焼け止めでもいいとは思いませんよね。
紫外線はしっかり防いでくれるけど、肌に優しくて、潤いも与えてくれる、そんな日焼け止めがあればいいですよね!

「フルーツルーツ」のジューシーサンクリームなら、その願いを叶えてくれます。
まず、紫外線をしっかり防ぐために、散乱剤と吸収剤の2つを利用しています。しかも、吸収剤は有機化合物を使わずに、シア脂をチョイスしています。だから、肌に優しい!
さらに、ブドウやイチゴ、レモンなどの国産フルーツとローズやゼラニウムなどのハーブもたっぷり使用しています。そのため香りもよく、潤いもバッチリ。
また、散乱剤として使用している金属酸化物は、油でコーティングしています。

国産の天然成分にこだわり、出来るだけ肌の負担を軽減した日焼け止め。
使い心地や香りも良く、使うたびにハッピーになれる日焼け止め。
それが「フルーツルーツ」のジューシーサンクリームです。
WS000000

 

※ジューシーサンクリーム:https://www.fruitsroots.com/cosmetic/fivefruits/suncream/