2EED4C83-AED6-48FF-B9E7-2415C17382EF

健康的で、お悩みの少ない肌。
それは、多くの女性にとって憧れなのではないだろうか。
メイクをしない人でも、日頃のスキンケアにこだわっている女性は沢山いる。
高価なファンデーションやブランド物のチークを塗ったところで、肌が整っていなければアラが目立ってしまうだけだ。
健康な肌、それはキメが細かくて血色が良い。
自然な潤いがある。
肌の調子が良いだけで、気分も明るく自信を持って1日を過ごすことができる。
だからこそ、基礎化粧品選びは重要だ。
どんな製品を肌に使うか、迷ってしまうほど沢山の品々の中で、オーガニックコスメという選択がある。
よく耳にするオーガニックというもの、どんなところが人々の心を惹きつけてやまないのだろうか。

オーガニックコスメの特徴は、なにか。
一般的な化粧品には、様々な添加物が含まれている。
例えば、保存料。そのおかげで化粧品の品質を長く保てるようになり、私たちの美容生活は効率が良くなった。
また石油由来の合成成分が使われることにより、お手頃な値段で化粧品が買えるようになった。
しかし、良い面ばかりではない。
化粧品で肌がかぶれる、なんとなくピリピリする…多くの人が、そんな経験をしている。
肌が丈夫!という人も、季節の変わり目や体調の優れない時には要注意だ。
合成成分の入った化粧品は便利だが、体に余分なものを取り込んでしまうというデメリットを忘れてはいけない。
その点オーガニックコスメは、自然由来の原料を主とした成分で作られている。
樹木や花、果実のエキス、鉱石類の成分など。
人体に害を与えず、肌に優しい原料が選び抜かれている。
化学合成成分の持つ有効な効き目がひとつかふたつなのに対して、天然成分はふたつ、みっつと、複数の有効効果を持っているものが多い。
それらの有効な成分は、肌に触れるとその力を発揮する。
また、自然由来の成分は未知のパワーを秘めている。
まだまだ解明されていない素晴らしい効果があるというから、これから更に期待できる分野だ。
体に副作用を引き起こしたり負担をかけたりせず、肌の悩みにしっかりと効いてくれる化粧品。それがオーガニックコスメだ。

01C86078-47D2-4D41-B37F-F3053790D662
もうひとつ、オーガニックコスメを使うことによって変わるものがある。
地球の環境問題に関するお話だ。
いまや、環境問題について知り、なんらかの形で協力することは、社会の常識ともなっている。
それは専門家だけが話し合う、遠い国の問題などではない。
でも、個人が「地球の環境を改善したい」と決意して、いきなり精力的な活動家になるのは難しい。
もちろん、そんな風に転身するのは不可能ではないし、そのくらいの覚悟がなければ地球環境は改善されない、というのも正論だ。
ただ、「今の仕事も生活もあるし、そんな大きいことには取り組めない…。」と全て諦めてしまうのはあまりにももったいない。
確かに環境問題は地球規模の大きさだが、それを変えるのは一人一人の小さな心がけだ。
誰でも、すぐに始められることがある。
その一つが、オーガニックコスメ。
オーガニックコスメは、地球の生態系を壊すことのない原料を多く使っている。
植物、粘土、鉱石類など。これらは自然界で生まれ、循環させることが可能な物だ。
森林や海を汚すことなく作り、始めから終わりまで有害なゴミを出さないよう配慮されている。
たとえば、石油化学合成成分、合成界面活性剤というような地球環境を汚す恐れのある材料を減らし、同じ効果のある天然由来成分に置き換えた製品を作っている。
環境に悪影響を与えないものを使うことにこだわり、大切にしている。
その取り組みは、製品のパッケージにも及んでいる。
オーガニックコスメそのものだけではなく、ケースやボトルをリサイクル可能な物にしているブランドが、それだ。
さらには、製品のための動物実験を行わないことを目指している。
人間のためだけに、小さな命が使い捨てられることが減るよう、他の方法で製品の安全性を高めていこうとする企業は多くなっている。

ひとつのコスメから視野を広げれば、地球の環境をより良く変えていく方法が学べる。
誰でも、今から、環境問題に取り組むことが出来るのだ。
化学が作った製品、それは私たちの便利で快適な生活を支えている。
時代はいつも最先端の技術を求め、より速く、より簡単に、素晴らしいものを手にいれることを夢見る。
でもそういう製品や技術は、体に負担をかける成分を取り込み、地球環境を傷つけるという側面を持っている。
人の体に優しいものは、地球にも優しい。
「私が、オーガニックコスメを使う。」それは些細な変化かもしれない。
でも、何よりも実感できる変化だ。
自然から生まれた製品を使う意味は、何よりも肌が教えてくれるだろう。
肌本来の力を引き出してくれるコスメの成分に、自分の体が喜んでいるのを感じる。
その心地よさ、植物がもたらす瑞々しい香りに、心も元気を取り戻す。

毎日、自分の肌に触れるもの。
どんなものを選ぶのか、そこから未来が見えてくる。
自然のパワーを借りて健やかな体を作り、私たちが住むこの地球を少しだけたすけてあげることに繋がっている。

 

(神谷麻衣子 エッセイスト。大手劇団退団後、劇団在籍中に機関誌のコーナーを長きに渡り執筆していた経験を活かし、現在はエッセイストとして活動。様々なエッセイやコラムを独自の世界観で書いている。)