ボディソープやボディローションなどのボディケア用品、口紅、アイライナー、アイシャドウ、チークなどのメイク用品の魅力の1つがその豊富な色を楽しめることですが、一般的な化粧品ではその色のほとんどは、石油から生み出されたタール色素です。

タール色素は、83種類あり、旧厚生省が危険性を指摘した、旧表示指定成分です。赤色202号、青色204号など、○号と色名と番号がついたものは全てそれに当たります。

タール系色素が問題なのは、色素沈着やシミの原因になってしまうことです。肌に紫外線があたると、メラニンが生成されます。メラニンが生成されても、肌に残らなければシミにはなりませんが、タール系色素は、メラニンを肌に沈着させてしまい、それでシミになってしまうのです。

メイク用品を使うと、まず合成界面活性剤が皮膚のバリアゾーンを壊し、その壊れた部分から肌にタール系色素が入り込んでいきます。タール系色素にはタンパク質を壊す性質があるため、まず表皮の細胞が壊されます。そしてこの壊れた細胞に、シミの原因であるメラニン色素が沈着していくのです。

また、発がん性や奇形を引き起こす疑いのあるものが多くあります。皮膚が薄い目の周り、食事と一緒に取り込む危険のある唇の化粧品には特に気をつけてください。

フルーツルーツの化粧品の多くに色はついていますが、全て合成着色料は一切使わず、天然のフルーツやハーブから色づけをしていますので、ご安心ください。