4A80332D-508C-402E-84E8-1F37FA307538

ローマ帝国時代のローマでは、皇帝の命令により若者同士の結婚が禁じられていた。
これに反抗した司祭バレンティヌスが処刑された2月14日を聖バレンタインの日として、「恋人たちの守護聖人」のために祈りを捧げる風習が生まれた。
バレンタインデーには、そんな起源がある。
欧米では、2月14日は恋人たちがロマンティックな一日を過ごすという。
素敵なデートをして絆を深めたり、男性が女性へプレゼントを贈ったり。

日本で初めてバレンタインデーが知られたのは、1950年代のこと。
そこから30年ほどかけて、このイベントは全国に定着していった。
その理由は、残念ながらあまりロマンティックなものではない。
チョコレートのお店やメディアが「2月14日にはチョコレートを贈ろう!」とこぞって宣伝したためだ。
「女性から男性へ、思いを伝えるイベント」としたことも、絶大な効果があったのだろう。
全国の恋する乙女は、好きな人へ告白する大チャンスを得たのだ。

最近では、自分へのご褒美にチョコレートを買う「自分チョコ」や、友人に贈るための「友チョコ」も流行している。
恋人がいなくても、好きな人がいなくても、バレンタインを楽しむことができるようになったのだ。
義理チョコと本命チョコに加わった新たな選択肢は、ワクワク感を倍増させてくれる。

バレンタインといえば、手作りチョコ。
相手への思いがこもった手作りのチョコレートは、恋愛を燃え上がらせる!と思いきや、意外と難易度が高い。
もらう側にとっては、「手作りチョコなんて、ちょっと重いな。」と思ってしまうことも。
せっかくの努力が功を奏さないなんて、あまりにも悲しいではないか。

告白に、必勝法はない。
本屋さんには必ず「恋愛指南書」コーナーがあって、常に新しい書籍が平積みされている。
みんなどうすれば恋が叶うか教えて欲しいと思っているし、恋愛の成功を重ねた人は誰かにその方法を教えたくなる。
そんなドキドキのつまったイベントが、バレンタインデー。
高鳴る胸のときめきいっぱいの、楽しいバレンタインデーを過ごしたい。

この季節になると、有名デパートのチョコレート売り場は大混雑。
出かけていくのも気が引ける今年は、インターネットでバレンタインのプレゼントを買うという人も多い見込みだ。
衛生面が気になるから、手作りチョコも減少傾向の模様だとか。
ステイホームの日常を経て、私たちは健康について改めて考えさせられている。
自分が口にするもの、大切な誰かが口にするものに、何を選ぶのか。
可愛いデザイン、極上の美味しさに加えて、心身に優しい食べものであることが求められている。
宝石とみまごう美しいチョコレート、口の中がとろけるほどに甘いデザートも魅力的だけど、今だからこそ趣向を変えてこんな一品はどうだろう。

フルーツルーツの、ショコラグラノーラ。
一口食べれば、ほんのりと甘味が溶ける。
ドライフルーツは驚くほど香り高く、果物のみずみずしさを届けてくれる。
時間がない朝も、デザート付きの朝食を味わっているかのような贅沢なひとときを感じさせるショコラグラノーラだ。
ゆったり過ごしたいおやつタイムにもぴったり。
ドライフルーツの色合いが、なんとも可愛らしくて心が弾む。
このドライフルーツが、このショコラグラノーラの特徴だ。

chocolat3
砂糖や保存料を一切使用していない無添加ドライフルーツは、全て国産。
小さな工房で丁寧に手作りされるグラノーラには、パティシエの丹精が込められている。
有機原料にこだわったグラノーラは、安心、安全を届けてくれる。
それでいてお洒落なパッケージとお皿に盛り付けた時の華やぎは、「健康志向のグラノーラ」という少し味気ないイメージをひっくり返すことだろう。
いつまでも健康でいてほしい誰かへ、笑顔になってほしい誰かへ。
今年のバレンタインには、優しさのつまった感謝と思いやりを伝えてみよう。

https://www.fruitsroots.com/cosmetic/granola/

 

chocolat1

 

(神谷麻衣子 エッセイスト。大手劇団を退団後、劇団在籍中に機関誌のコーナーを長きに渡り執筆していた経験を活かし、現在はコラムニストとして活動。様々なコラムやエッセイを独自の世界観で書いている。)