7EF6970F-E6EF-4A1E-9A11-146837EEBE10

心に秘めた相手に、思いを告げる。
そんなふうに胸躍る恋のイベント、バレンタインデーのあとにもうひとつ、街中が華やぐ日がやってくる。
まだ寒さの厳しい季節、春へと急ぐ3月を彩る、ホワイトデー。

バレンタインデーが海外発祥であることは、広く知られている。
だが、ホワイトデーはどうだろう。
3月14日の恋のイベントは、日本独自の文化なのだ。
バレンタインデーの習慣が広まり始めた頃には早くも、お返しをする日を作ろうという動きが見え出した。
いかにも真面目で義理堅い日本人らしい発想で、なんだか可愛らしい。
バレンタインデーからちょうど1ヶ月後の3月14日が、そのイベントの日に選ばれた。
製菓店が発売したお返し用のお菓子の中にマシュマロがあったことから、最初はマシュマロデーと呼ばれていたそうだ。
やがてその可愛らしい純白のマシュマロから、ホワイトデーと言われるようになったとか。
1980年頃から、日本ではホワイトデーがもうひとつの恋のイベントとして大きな話題となったのだ。

バレンタインデーは、今や好きな人へ告白するだけのイベントではない。
職場の同僚にお菓子を配ってみんなで楽しんだり、日頃の感謝を込めて友人へ贈る「友チョコ」も大人気。
ホワイトデーも、身近な人と交流を深められる日になった。
もちろん、大好きな相手へバレンタインの贈り物を渡した場合、ホワイトデーは期待と不安でどきどきの1日になる。
「友チョコ」といった変化に伴い、友人へのお返しにプレゼントを探す女性も多いのでは?
2月に甘いお菓子を味わい尽くしてしまったのなら、いつもと趣向を変えてみるのも素敵だ。
今年は特に、体に安全で安心な食べ物に注目が集まる。
そんな意識の変化に気がついている人も多いだろう。
おすすめしたいのは、フルーツルーツのドライフルーツ。

A06407DA-8E87-4DFD-B39F-B9B8C02B8420

フルーツルーツのドライフルーツ工場ではすべて国産フルーツが使われ、独自の手法で丁寧に製造されている。
ドライフルーツは保存性が高いだけではなく、栄養分が凝縮されている上に水分が少ないため体を冷やさない。
ミネラル、腸の働きを整える食物繊維、抗酸化物質など、体に嬉しい有効成分がたっぷり含まれている。
無味乾燥といったイメージは、このドライフルーツを食べてみるとすっかり変わってしまう。
加工のための植物油や砂糖を使っていないから、フルーツの濃厚な風味がそのまま生かされている。
美味しさと安全にこだわっている農家を選び抜き、皮ごと食べられるほど体に優しい果物を使っている。
だからこそ、ドライフルーツとは思えないほどしなやかな食感と香り高い味わいを楽しめる。

フルーツルーツでは様々な種類のドライフルーツを扱っている。
りんご、キウイ、みかんなど…中にはドライフルーツとしては珍しい、すいかもある!
ドライフルーツというとパサパサしてちょっと味気ない、そんな印象があるのではないだろうか。

贈り物として最適な理由の一つは、ドライフルーツは様々な食べ方を楽しめること。
ヨーグルトやグラノーラにトッピングしたり、ハーブティーに入れたり。
お料理やお菓子のアクセントにもなるし、お酒のお供にしてもお洒落なムードに!
お気に入りの食べ方を発見するとわくわくする。

人と人とのつながりが希薄になってしまう、閉塞した社会の状況。
そんな今だからこそ、心と体に優しい贈り物を用意したい。
ぽかぽか陽気の一歩手前には、あたたかいお茶とドライフルーツがぴったりだ。
あたたかな優しさが交わされたバレンタインデーのお返しに、フルーツの香りが春を届ける。

https://www.fruitsroots.com/dryfruits/

(神谷麻衣子 エッセイスト。大手劇団を退団後、劇団在籍中に機関誌のコーナーを長きに渡り執筆していた経験を活かし、現在はコラムニストとして活動。様々なコラムやエッセイを、独自の世界観で書いている。)