酵素は人間が生きていく上で、なくてはならない生命活動に関わっている栄養素です。体内では、食べたものを分解し、消化、吸収に関わる働きをする「消化酵素」と代謝や排泄などの生理現象に関わる働きをする「代謝酵素」に大きく2つに分けられます。

その酵素を生み出し、酵素をバランスよく作り出して補うのが「酵母」です。

熱や酸に弱く、生の食材にしか含まれない酵素に対して、酵母は食物繊維などからなる核を持っているので、熱が加えられても、胃酸の攻撃を受けても、たくさんの酵素を持ったまま、あるいは酵素を生み出しながら、体内に届くので、とても効率よく体内に酵素を届けることができるのです。