皮膚科学的には思春期のニキビと大人のニキビが区分され、定義づけられているわけではありません。一般的に20〜30代の女性に発生するニキビのことで、以前は「吹き出物」と呼ばれていました。

思春期のニキビがオイリー肌、ノーマルオイリー肌中心に皮脂分泌量が増える夏期に多いようですが、大人ニキビは肌タイプに関係なく、年間を通してできるようです。

また大人ニキビは、思春期のニキビが顔全体、あるいは額や頬などに多いのに対し、あごや鼻まわりにできやすく、また発生は単発的(ぽつんぽつん)が多いようです。

大人ニキビは、季節よりも性周期(ホルモンの変動)と関連しているものと思われ、月経前に発生する場合が多い。また大人ニキビができやすい人は、バリア機能が低下していることが多いので、大人ニキビケアは、食事や睡眠、ストレスの防止など生活リズムに対する配慮に加え、正しいスキンケアも大切だと思われます。