常在菌とは、主に人間の身体に日常的に存在する微生物(細菌)です。人間の場合、腸内に最も多く存在し、他には口腔内、皮膚表面などに棲息しており、様々な作用をもたらしています。有名な乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌なども常在菌の一種です。
人間の身体にいる常在菌の数は膨大で、腸内には100兆個、皮膚には1兆個以上いると言われています。それら膨大な数の常在菌は善玉菌と悪玉菌に種類分けされ、一般的に善玉菌は身体の健康維持に貢献し、悪玉菌は身体に害を及ぼすとされます。
皮膚常在菌は、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌が有名です。フルーツルーツは、「バリア機能」をとても大事にしていますが、実は、バリア機能の最前線は、「皮膚常在菌」なのです。この皮膚常在菌が、皮脂や水分を代謝し、肌を弱酸性に保ったり、保湿成分を作り出したり、外からの菌を寄せ付けないといった働きをしています。
アクネ菌は、にきび菌として有名ですが、日頃は皮膚を守ってくれる大切な菌ですが、思春期や、食事の内容が肉に偏ったり、ストレスがあって皮脂が過剰に分泌されると毛穴に棲んでいるアクネ菌が異常に増殖し、炎症を起してにきびができてしまいます。
このように私たちの肌も絶妙なバランスの上に成り立っているのです。したがって、バリア機能を壊して、無理に肌の中に浸透させたり、強力な殺菌力で、皮膚常在菌を殺してしまったら、肌本来の持つ力が弱まってしまうことは明らかなことです。だからこそ、フルーツルーツのバリア機能を重視した「肌タイプ別スキンケア」が大事なのです。