最近、「菌活」という言葉をよく聞くようになってきました。そもそもなぜ、「菌」を摂取することが必要なのでしょうか?それは、現代は「無菌」が当たり前の時代になり、昔のように菌が食品にいなくなり、その結果、菌に対する抵抗力が弱まってしまっているため、ある程度の菌を摂取することで、免疫力を高められるからです。
菌も大きく、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられます。身体に良い作用を及ぼしてくれる善玉菌は、酵母菌、乳酸菌、ビフィズス菌などが有名です。小腸は、最終分解器官、栄養の吸収、免疫センターであり、大腸は、主に水分を吸収し、糞便の形成をしているのですが、酵母菌は、小腸で糖やタンパク質、脂質の発酵、分解のサポート、酵素を生み出してくれること、大腸で腸内フローラのバランスを改善してくれます。
ちなみに、ビフィズス菌は、便秘や下痢の予防と解消、腸内フローラの改善、免疫細胞の活性化、抗アレルギー作用、大腸ガン予防作用、美容効果など、いろいろな健康効果をもたらす、まさに善玉菌です。一方、乳酸菌は、乳酸菌は自ら整腸作用を発揮するだけでなく、悪玉菌を抑制することでビフィズス菌が増えやすい環境をつくり、間接的にもおなかの健康のために働くのです。
そして、女性に多い「便秘」はなぜ美容にも健康にもよくないのでしょうか?それは、私たちは日常生活を送っている中で、体内に知らず知らずに毒素(有害物質)や老廃物を溜めてしまっています。例えば、農薬や食品添加物などです。もちろん人間の身体は、体外に排出する機能を持っているのですが、
それが、

  • 大便・・・75%
  • 小便・・・20%
  • 汗・・・3%
  • 毛髪、爪・・・2%

大便が75%なのです。したがって、大便が詰まってしまうと、体内に毒素を溜め込んでしまうことになり、体調が悪くなるのは当たり前ですよね。そんな小腸や大腸を働きを整えてくれ、働きを活性化してくれるのが、フルーツルーツの酵母ドリンク「フルーツデレジュー」なのです。