4771313_s

今のような季節の変わり目は、自律神経が乱れやすく、不調や冷えを感じやすくなります。

◉生活リズム・腸内環境を整える、血流アップ・体温アップを心がける

すると、免疫力アップへ繋がり、ホルモンバランスも自律神経も整いやすくなります。
「自律神経/免疫/ホルモンバランス」この3つの調整機能がトライアングルのようにバランスとり合うことで健康が保たれます。自律神経は体内を網の目のように走っていて、様々な情報を収集・伝達する重要な器官の神経系の1つです。

●中枢神経系:脳、脊髄
●末梢神経系:皮膚や骨、臓器などカラダの各部に広がっている
●体性神経系(運動神経・知覚神経):自分自身で自覚したり制御できる神経。
●自律神経系(交感神経・副交感神経):自分の意志とは無関係におこる運動を支配。

消化・吸収・排泄・循環・代謝などの生命を維持する上で欠かせない働きを担っています。

●交感神経:血管・収縮、血圧・上昇、心拍・速い
●副交感神経:血管・拡張、血圧・下降、心拍・ゆっくり

この2つは相反する働き=車のアクセルとブレーキに例えられます。

○自律神経は心臓の働きと血管の収縮・拡張により血流をコントロール
○自律神経のバランスが悪くなると、血流も悪くなり、全身に影響が出る

自律神経のバランスが悪いと
・血液の質が低下
・全身に栄養素や酸素を運べない

血流が悪くなると
・細胞の機能低下
・体の持っている能力が発揮できなくなる
・血管内に血栓ができやすくなる
・免疫力低下
・病気を発症しやすくなる
・治癒力低下

ということは、この反対で血流を良くすると自律神経のバランスも良くなるということ。

血流アップにより自律神経を整えることは、免疫力アップとホルモンバランスを整えることにも繋がり、3つのトライアングルのバランスを取り戻し保ちやすくなります。これからの季節、秋不調や秋冷えに備えて血流アップを心がけましょう。

“フルーツハーブティー・WARM”で血流アップ

冷えチェックもできる血流アップボディトリートメントケア